進学通信2016年1月号

今月のテーマ
私学に通う高校3年生のママに聞きました 中学受験の合格発表と私学での6年間

6年前に中学受験を経験し、私学に通うお子さんを持つお母さんたち。当時の発表のときを今でもはっきりと覚えているそうです。6年近く学校生活を送ってみて、今、どのようなことを感じているのかをうかがってみました。

4)中学受験の合格発表は、そこからが“スタート”

これから中学受験の発表を迎えるご家庭に向けて、受験の結果の受け止め方についてアドバイスをお願いします。

 

mama_I_201601

Iママ

今から思うと、中学受験は人生の序の口。たとえ失敗しても、巻き返すことは十分可能ですし、むしろ失敗したほうが人生経験としては活かせることも大きいかもしれません。成功しても、そこで調子に乗ってしまうと人生をなめてしまう恐れもないとはいえないのです。ただ、受験勉強の達成感を味わわせるために、1校でも合格することは意味があるでしょうね。

 

mama_K_201601

Kママ

第1志望校に合格する子も、そうではない子もいると思いますが、どの子にもご縁があった学校があるはずです。入ってみないと、その子にとって本当にいい学校かどうかはわからないので、入学する学校は神様が決めてくれたというふうにポジティブに受け止めるといいですね。そうすれば、親も子も6年間を楽しめると思います。

 

mama_O_201601

Oママ

当時は私も必死でしたけど、中学受験って長い人生の中でそんなにおおごとにとらえなくてもいいことかもしれません。もし意に沿わない結果になったとしても、親が引きずることなく、いち早く切り替えることが大切ですね。

 

中学受験は中高の生活を始めるために行うもの。合格発表は、そこからが「始まり」です。受験生家庭は入試結果をしっかり受け止めたら、充実した中高生活を送るべく、より良いスタートを切ってください。

 

今月の先輩ママ

Iママ

私立共学進学校の高校3年生男子のママ。パートタイマー。
「第3志望校でしたが、子どもにも私にも合っていて、この学校でよかったなと思っています」

Kママ

私立大学付属男子校の高校3年生のママ。自営業。
「大学付属校を希望して第1志望校に入学。けれども併設大学への進学がこんなに大変だとは……」

Oママ

私立女子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「志望校に合格。中学時代は宿題に追われ、高校1年生のときには勉強しなくなってしまいました」