進学通信2016年1月号

今月のテーマ
私学に通う高校3年生のママに聞きました 中学受験の合格発表と私学での6年間

6年前に中学受験を経験し、私学に通うお子さんを持つお母さんたち。当時の発表のときを今でもはっきりと覚えているそうです。6年近く学校生活を送ってみて、今、どのようなことを感じているのかをうかがってみました。

2)合格発表直後に受験勉強のテキストを全部捨てた!

Kさんの合格発表はどのようなものでしたか?

 

mama_K_201601

Kママ

息子が別の学校の受験をしているときに、インターネットで第1志望校の発表がありましたが、私も入試に付き添っていたので、見られません。そのころはスマートフォンがなく、パソコンから見るしかなかったのです。ちょうど主人が家にいたので見てもらって、携帯電話で私は合格を知りました。でも、入試が終わった息子には何も言わずに、そのまま掲示発表をしている第1志望校に連れて行ったのです。感動を味わわせてあげようと思って。私は知らないふりをして、「受かっているかな?」などと言いながら。

 

mama_I_201601

Iママ

それはいい演出をされましたね。息子さんは喜ばれたでしょう。

 

mama_K_201601

Kママ

それが意外に淡々としていて、それほど感動していなかったんです。〝やっと勉強が終わった〟という喜びのほうが大きかったのではないかしら。私も、安全圏だから大丈夫だろうという気持ちだったので、「終わってほっとした」という気持ちでいっぱいでしたね。

 

家に帰ってされたことは?

 

image_02_201601
mama_K_201601

Kママ

受験勉強で使った山ほどのプリントやテキストが部屋の面積の半分ぐらいを占めていたのですが、その日のうちに全部まとめて捨てました。もう見たくないと思って(笑)。受験生時代はとにかく大変でしたから。息子はもともと穏やかな性格ではないので、勉強させるのが一苦労でした。〝くつべら〟を持って追い回したことも数知れずあります(笑)。

 

お察しいたします(笑)。Oさんの合格発表はいかがでしたか?

 

mama_O_201601

Oママ

第1志望校は掲示だけだったので、娘が別の学校を受験している間に、私が見に行きました。娘を迎えに行くと、私の表情をさぐるように見るので、小声で「合格だった」と言うと、にんまりと笑って喜んでいましたね。別の学校の入試会場だったので周囲に配慮したのかもしれませんが、飛び上がって喜ぶとか、びっくりするという感じではなかったです。その日は午後にも願書を出している学校がありましたが、娘は「もう疲れたから受けに行きたくない」と言ったので、そのまま帰宅。その日以降の出願校はすべて受けませんでした。

 

ご本人は合格発表を見に行ってはいないのですか?

 

mama_O_201601

Oママ

第1志望校は午前中しか掲示されなかったので、娘は見に行けませんでした。でも、「合格発表というものを見てみたい」と言うので、2日に受けた学校の合格発表を、入学するわけではないのに見に行きました。やはり合格しているとうれしかったのでしょう。合格手続きの書類もしっかりもらって帰ってきました。

 

今月の先輩ママ

Iママ

私立共学進学校の高校3年生男子のママ。パートタイマー。
「第3志望校でしたが、子どもにも私にも合っていて、この学校でよかったなと思っています」

Kママ

私立大学付属男子校の高校3年生のママ。自営業。
「大学付属校を希望して第1志望校に入学。けれども併設大学への進学がこんなに大変だとは……」

Oママ

私立女子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「志望校に合格。中学時代は宿題に追われ、高校1年生のときには勉強しなくなってしまいました」