進学通信2016年1月号

今月のテーマ
私学に通う高校3年生のママに聞きました 中学受験の合格発表と私学での6年間

6年前に中学受験を経験し、私学に通うお子さんを持つお母さんたち。当時の発表のときを今でもはっきりと覚えているそうです。6年近く学校生活を送ってみて、今、どのようなことを感じているのかをうかがってみました。

1)ありありと思い出す 中学入試合格発表の日

まずは、6年前の中学受験のときのお話をうかがいたいと思います。

 

mama_K_201601

Kママ

ウチは、大学付属校を希望しており、我が家の条件に合う第1志望の学校がありました。入試時期に近づいたころ、息子の成績が伸びてきたので、第1志望校のほかに、記念受験のつもりで難易度が高めの学校にもチャレンジすることに。そこは不合格でしたが、もし合格しても入学しなかったと思うので、それほど残念という気持ちはなかったですね。結局、もともとの第1志望校に通っています。

 

大学付属校を選んだ理由は?

 

mama_K_201601

Kママ

息子が通っている学校は、主人の母校なんです。主人に話を聞いて、いい学校だと思っていましたし、大学受験がないと6年間部活に打ち込むなど、のびのびできていいなと思いました。ただ、一番の理由は、私が子どもの受験をもう経験したくなかったからですね(笑)。

 

mama_O_201601

Oママ

願書を出したのは6校でしたが、受けたのは3校だけでした。1月校と、2月1日の第1志望校、その結果がわからないまま受けた2日の学校の3校です。2日の午前中に1日の学校の合格がわかったので、そこで受験終了となりました。

 

順調な受験だったのですね。

 

mama_O_201601

Oママ

そんなに無謀なところを狙ったわけではなく、娘の成績から見て合格適正校だったのかなと思います。

 

mama_I_201601

Iママ

ウチは第3志望校に入学しました。親子ともに第1志望校をめざしていたので、合格発表のときは本当にショックでした。

 

発表のときのようすをお話しいただけますか?

 

mama_I_201601

Iママ

張り出された掲示板を、親子で同時に見る形でした。番号がないとわかると、息子は放心状態で無言。たぶん合格すると思っていたのでしょう。私は外ではなんとか平静を保ち、息子に「ほかに合格している学校があるから、いいじゃない」などとなぐさめの言葉をかけていました。
でも、家に帰ってから、私は涙があふれてきてしまいました。その姿を見て、夫が「なんで泣くの? ばかじゃない?」と笑うと、息子も一転、夫と一緒になって「ばかじゃない?」と私をからかうのです。平気なように見えましたが、息子はその後、布団をかぶって泣いていました。

 

心境は変化していきましたか?

 

mama_I_201601

Iママ

息子はすぐに切り替わったようで、入学する学校を前向きにとらえていたようです。けれども、私が引きずってしまいましたね。入学して1学期間ぐらいは、受験のことを思い出していました。入学直後というのは、新入生のお母さん同士が話すと、受験の話題が出ることが多いのです。誰かが「どこどこの学校を受けたのだけど受からなくて」みたいな話をすると、「うちも」「うちも」という感じで、中学受験の話をしてしまいます。

 

1学期間を過ごすうちに気持ちが変わっていったのですか?

 

mama_I_201601

Iママ

通っている学校の良さがだんだんわかってきて、あまり受験のことを振り返らなくなりました。息子の学校は勉強することをあまり強制せず、本人のやる気を引き出す教育方針。それが息子に合っていたようで、楽しく通っていましたし、私自身もお母さん同士の友達ができて、合っているなと感じました。逆に、ウチが第1志望にしていた学校に入ったお子さんのママから学校のようすを聞いて、その学校に入学していたら、息子はうまくいかなかったかなと思うようになりました。

 

入学してみないと本当のところはわからないものなのですね。

 

image_01_201601

 

今月の先輩ママ

Iママ

私立共学進学校の高校3年生男子のママ。パートタイマー。
「第3志望校でしたが、子どもにも私にも合っていて、この学校でよかったなと思っています」

Kママ

私立大学付属男子校の高校3年生のママ。自営業。
「大学付属校を希望して第1志望校に入学。けれども併設大学への進学がこんなに大変だとは……」

Oママ

私立女子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「志望校に合格。中学時代は宿題に追われ、高校1年生のときには勉強しなくなってしまいました」