進学通信2015年11月号

今月のテーマ
偏差値? 校風? 直感も大事
先輩ママに学ぶ受験校の選び方

第1志望校はもちろん、第2、第3志望も含め、受験する学校は決まりましたか?
中学受験の学校選びにはさまざまな視点が必要です。校風が大事だと言われますが、偏差値や大学合格実績も気になります。
学校選びの基準をどこにおいたのか、先輩ママたちにうかがってみました。

1)学校行事や学校説明会で直接学校を見ることがいちばん

みなさん2回ずつお子さんの中学受験をご経験されていますが、受験校を選ぶためにどんなことをされましたか?

 

image_01_201511mama_S_201511

Sママ

学校に直接足を運ぶことを心がけました。まず私が一人で学校説明会に行ったり情報収集をしたりして候補を絞り、子どもを連れて文化祭へ行くようにしました。とはいっても開催は秋に集中するので日程が重なってしまいます。1年間に3、4校ぐらいしか行けませんでしたね。小4ごろから行き始めて、全部で10校ぐらい行ったかどうかです。

 

mama_Y_201511

Yママ

私も学校行事の文化祭が中心です。子どもが仲良しの小学校の友達と一緒に行きたいというので、友達親子と一緒に4人でよく行きました。「6年生になって成績が悪かったら恥ずかしくて行けないかもしれないから、今のうちに行っておこう」と言って、小4のころには名門校中心に、小5では中堅校を回りました。塾や模試で忙しくなった小6のときはなかなか行けなかったですね。ただ、志望校が固まってきた段階で、息子の受験する意志を確認するために、1校だけは運動会に行きました。

 

image_02_201511

 

学校説明会はいかがでしたか?

 

mama_Y_201511

Yママ

ウチは共働きなので、主人にもかなり関わってもらいました。長男のときは私もたくさん行きましたが、次男のときは、学校説明会に行くのはほとんど主人に任せました。

 

mama_H_201511

Hママ

我が家の場合は、そもそも主人が中学受験に反対していたので、とても狭い範囲での学校選びになりました。主人は公立がいいという考えだったので、昔の公立高校のような雰囲気を持ち、しかも難関大学をめざす進学校でなければいけないというのです。私は、大学付属のお嬢さん学校と言われるような学校に行かせたかったのに……。でも、主人のおへそを曲げると中学受験自体をさせてもらえないので、主人の考えを尊重して、折り合いをつけました。

 

校風や大学合格実績などを見て、ご主人が出された条件に見合う学校の中から選んだということですか?

 

mama_H_201511

Hママ

そうですね。説明会には、主人のほうが積極的に出かけて行き、お金のことなど、かなり詳しく聞いてきていました。高校に上がるときに入学金がかかるかどうかや、希望者参加のスキー合宿に参加する人はどのぐらいの割合かとか。学校ごとに6年間にかかる費用をエクセルで一覧表にして比較したりしていましたね。そのうえで、主人が子どもを連れて文化祭に行くんです。子どもも、夫の思惑のもと見学するので、とくに長女は夫の好きな学校を選ぶようになっていきました。

 

お父さんが主導で学校選びをされるのは、めずらしいケースかもしれません。

 

mama_H_201511

Hママ

次女は7歳年が離れており、彼女の学校を選ぶころには、長女は私立中高の学校生活を満喫していました。私は、長女の学校が思ったより良かったので、下の子もそこがいいかなと思っていたのですが、次女が「お姉ちゃんとは別の学校へ行きたい」と言い出したのです。姉が学校生活を送るようすを見ていて、自分に合うのは別の学校だと判断したようです。そこで、本人の意志で第1志望は別の学校に。そのほかは親の希望も加味して、上の子のときと同じ受験校にしました。

 

ごきょうだいがいることの影響も大きいのですね。直接学校に足を運ぶ以外には、どういうところから情報収集をしましたか?

 

mama_Y_201511

Yママ

塾の保護者会で聞く情報が中心です。最新情報ですし、いちばん信頼できました。インターネットなど、あまりいろいろなところから情報が入ってくると、わからなくなってしまいますからね。

 

mama_S_201511

Sママ

私は本や雑誌のほか、インターネットも多少利用していて、SNSからも情報を得ていました。でも、それだけを信じるというよりは、例えば、入学金免除の特待生制度があるという情報を目にしたら、その学校について調べるきっかけにするという程度ですね。インターネットの情報に振り回されることのないよう気をつけました。

 

image_03_201511

 

今月の先輩ママ

Sママ

私立男子進学校高校3年生の長男、私立女子進学校中学1年生の長女、公立小学校5年生の次男の3人のお子さんのママ。ご主人との5人家族。
「実際に学校に行き、自分の目で見て肌で感じたものを大切にしました」

Yママ

私立男子進学校高校2年生の長男と別の私立男子進学校中学1年生の次男の2人兄弟のママ。ご主人との4人家族。
「入学して感じたのは、私立は似た生徒が集まっているなということです」

Hママ

私立女子進学校、私立大学を卒業した社会人の長女と、別の私立女子進学校高校3年生の次女、2人姉妹のママ。ご主人との4人家族。
「中高の6年間の環境が子どもに与える影響は大きいと実感しています」