進学通信2015年10月号

今月のテーマ
受験生活でママのストレスは倍増する!?
解消するためのそれぞれの工夫とは

長い受験生活。お子さんも大変ですが、ママたちの心労も計り知れないものがあります。
「勉強がはかどらない」「子どもとぶつかってしまう」「成績が上がらない」「志望校が決まらない」「家族が協力してくれない」「小学校やママ同士のつきあい」などなど、中学受験のまわりには、ストレスの元がいっぱい。
先輩ママたちはどのようにストレスを解消していたのでしょうか。

5)先輩ママの声

受験生活でのストレスエピソードを教えて下さい。

  • まだ受験生の自覚もなく、遊びたい盛りだったので、勉強時間を確保するのが難しかった。ようやく自覚が芽生えたのは6年生の2学期ごろだった。
    (高3男子のママ)
  • 成績の浮き沈みが激しく、なかなか志望校が決められなかった。
    (中1男子のママ)
  • 子どもが幼く、勉強に向かわせるのがとにかく大変だった。すぐ押入れに隠れたり、外に遊びに行ったりしてしまっていた。
    (高3男子のママ)
  • 小学校の友達が受験しなかったので、友達と遊びたがって困った。
    (中1女子のママ)
  • 最終的には受験者平均点をとれるようになったが、6年生の6月の模試で歴史が0点だった。
    (中1男子のママ)
  • 勉強の成果がなかなか模試の成績に結びつかないときは辛かった。
    (中2男子のママ)
  • 子どもの生活・学習の管理と、仕事との両立。
    (中1男子のママ)
  • 成績が落ちると感情的になり、暴言をはいてしまった。反省している。
    (高1男子のママ)
  • 塾が合わず、転塾するか受験をやめるかで数カ月間かなり悩み、けっきょく転塾した。
    (中1女子のママ)
  • 主人が受験に大反対で、何度も夫婦げんかをした。「子どもがいなければけんかもしなくてすむのに」とまで言われてショックだった。
    (高3男子のママ)
  • ほとんどの子が受験しない小学校で、「塾に行かせるなんて、何かの罰なの?」と思われ、通塾しづらい環境だった。
    (高3男子のママ)

 

今月の先輩ママ

Eママ

私立女子進学校高校1年生のママ。会社員。夫との3人家族。
「先輩ママや同じ受験生ママ友達と話をすることが一番の発散方法でした」

Yママ

私立男子進学校高校1年生と同校中学2年生の2人兄弟のママ。ピアノ講師。夫との4人家族。
「子どもが小さいころの写真やビデオを見て初心に返るようにしました」

Fママ

私立女子進学校高校1年生のママ。会社員。シングルマザー
「近所を走って、ストレス解消! 受験の悩みがちっぽけに感じます」