進学通信2015年10月号

今月のテーマ
受験生活でママのストレスは倍増する!?
解消するためのそれぞれの工夫とは

長い受験生活。お子さんも大変ですが、ママたちの心労も計り知れないものがあります。
「勉強がはかどらない」「子どもとぶつかってしまう」「成績が上がらない」「志望校が決まらない」「家族が協力してくれない」「小学校やママ同士のつきあい」などなど、中学受験のまわりには、ストレスの元がいっぱい。
先輩ママたちはどのようにストレスを解消していたのでしょうか。

3)ママ同士の世界には人間関係のストレスも

お母さん同士の言動でストレスを感じた経験はありますか?

 

mama_F_201510

Fママ

小学校では、受験しないお子さんのママたちから避けられているように感じましたが、そういうものなのかなと思って、あまり気にしないようにしました。また、塾では敵対心を持って接してこられる方がいて、疲れました。私がのほほんとして見えるので、イライラさせてしまったようです。

 

どんなふうに敵対心を表されたのですか?

 

mama_F_201510

Fママ

娘が友達から「○○ちゃんとつきあうのはやめなさいとお母さんに言われたから話せない」と言われたことがありました。そういうプレッシャーのかけ方をしてくるのかと、驚きました。そんなことを聞いたら、私も平気ではいられません。でも、「聞いていますよ」とも言えませんから、塾の保護者会などで、知らないふりをしてあいさつをしては、ストレスを感じていました。

 

そういう方とは受験が終わるとつきあわなくなるものですか?

 

mama_F_201510

Fママ

進学した学校が違うと会わなくなりますね。私も非常に傷つきましたから、わざわざ会いたくはないですし。塾のお母さん友達で、当時一緒にお茶してお話をした方もたくさんいましたが、今はほんの数人の方としかつきあっていません。今思うと、受験や勉強方法の情報を得たくて私に近づいてきた方もいたのかもしれません。娘が塾で成績が良いほうだったから、私とつきあってくださっていたのかと思うと、ちょっと悲しいですね。

 

子どもの受験が、お母さん同士のつきあいを増やすこともあれば、トラブルを発生させることもあるのですね。
現在は、入学された私学でお母さん同士のおつきあいがあると思いますが、どのようなものですか?

 

mama_F_201510

Fママ

娘が入学した学校は、親同士のつきあいは非常にあっさりしています。ストレスを感じることはまったくないですね。

 

mama_E_201510

Eママ

私は娘の学校のクラス役員をしており、年に数回のランチ会を行うときは、会費をいくらにするか悩みます。あまり豪華すぎると高いと思う方もいるかもしれませんし、せっかく集まるならちょっとおいしいものを食べたいという方もいるでしょう。けっきょく会費は2500円から3000円ぐらいにおさまります。これぐらいだととくに苦情は出ませんね。もしかすると意見のある人もいるかもしれませんが、役員の耳には入ってきません(笑)。

 

mama_F_201510

Fママ

ウチも、お母さんたちのランチ会の会費は、2500円~3500円ぐらいです。クラスの3分の2ぐらいの人が集まります。友人のお子さんの学校は、わざわざ都心でランチをするそうです。会費は2万円だとか。それでも高くないという感覚だそうです。

 

私学のお母さんのおつきあいは、校風や地域によっても雰囲気が違うのですね。みなさん、現在の私学ママ同士のおつきあいには、ストレスはあまりなさそうですね。

 

今月の先輩ママ

Eママ

私立女子進学校高校1年生のママ。会社員。夫との3人家族。
「先輩ママや同じ受験生ママ友達と話をすることが一番の発散方法でした」

Yママ

私立男子進学校高校1年生と同校中学2年生の2人兄弟のママ。ピアノ講師。夫との4人家族。
「子どもが小さいころの写真やビデオを見て初心に返るようにしました」

Fママ

私立女子進学校高校1年生のママ。会社員。シングルマザー
「近所を走って、ストレス解消! 受験の悩みがちっぽけに感じます」