進学通信2015年10月号

今月のテーマ
受験生活でママのストレスは倍増する!?
解消するためのそれぞれの工夫とは

長い受験生活。お子さんも大変ですが、ママたちの心労も計り知れないものがあります。
「勉強がはかどらない」「子どもとぶつかってしまう」「成績が上がらない」「志望校が決まらない」「家族が協力してくれない」「小学校やママ同士のつきあい」などなど、中学受験のまわりには、ストレスの元がいっぱい。
先輩ママたちはどのようにストレスを解消していたのでしょうか。

1)あちこちに散らばる受験生活のストレスの種

image_04_201510

 

お子さんの受験生時代、どんなストレスを感じていましたか?

 

mama_Y_201510

Yママ

中1の次男のときは、息子が5年生のころがストレスのピークでしたね。6年生になると塾に行っている時間が増えて、家で顔を合わせる時間が少なくなるせいか、ストレスも減りました。
次男が5年生のころ、私が家に帰ると壁に穴が開いていたことがありました。反抗的な次男に腹を立てた主人が壁を蹴り、穴を開けたようです。主人も相当ストレスがたまっていたのでしょう。

 

ご主人は、息子さんに勉強を教えておられたのですか?

 

mama_Y_201510

Yママ

かなり教えていたほうだと思います。高学年になり勉強の内容が難しくなってくると、主人がよく見ていましたね。長男のときはとくに問題はなかったのですが、次男はもともと主人との相性があまりよくないようで、主人が細かいことを注意すると言い返すので言い合いになってしまうのです。主人には、「兄弟の性格が違うのだから同じような接し方ではいけない」ということと、「いくら親が言っても、最終的には本人が勉強するかどうかだから言い過ぎはよくない、見守るしかない」と言いました。

 

中学受験は、親子が密接に関わることも多いので、ぶつかりあいも増えるといいますね。お母さんのほうはいかがでしたか?

 

mama_Y_201510

Yママ

私は次男との親子関係はそれほど悪くなかったと思います。逆に長男のときはぶつかることがありました。次男は2度目ということもあり、うまくかわせるようになったのかもしれません。

 

上のお子さんのときにはどのようなことでぶつかったのですか?

 

mama_Y_201510

Yママ

入試直前の時期に、お互いストレスがたまっていたこともあると思うのですが、私は息子のケアレスミスが気になってしかたがありませんでした。それを指摘すると、けんかになってしまうのです。兄弟とも受験した学校は同じなのですが、やはり勉強の方法や対応のしかたなどは変えていかないといけないと思いました。苦手科目なども違いますし、同じようにはいきません。子どもの個性と、親子の相性はそれぞれ違うものですね。

 

Eさんは、いかがでしたか?

 

mama_E_201510

Eママ

イライラはありましたね。入試直前の1月に、小学校の行事でダンスを踊るイベントがあり、受験しない友達は、その練習に時間をかけていました。娘はダンスも気になるし、勉強もあるしということで、葛藤していました。「家で練習をして明日までにダンスができるようにならないといけない」と言ったときは「なぜ今なの? あと1カ月待てないの?」と切なくなりましたね。でも、しかたがないので、「ダンスの練習をしてもいいけど、勉強もしないといけないんだよね」と言いました。お互い受験直前のイライラのピークで、苦しかったのを覚えています。
小学校では、クラスの半分ぐらいの子が受験するのに、今行事を増やさなくても……と思いましたが、そんなことは小学校の先生には言えません。けっきょくダンスは中途半端にしか踊れず、思ったようにはできなかったようです。

 

やりたいことを存分にやらせてあげることができないことに親も葛藤し、ストレスを感じますね。

 

mama_E_201510

Eママ

30分なら30分好きなことをして、では勉強しようというように、うまく切り替えができるのであればいいのですが、そこは所詮12歳。そううまく切り替えることもできず、娘は、だんだん「なぜ自分が受験するのかわからなくなってきた」という心境に陥ってしまっていました。

 

受験する意志が明確なら、気持ちは強く持てるのでしょうか。

 

mama_E_201510

Eママ

高校生になった今なら、クラス全員が一斉に大学受験をめざす環境なので、目標に向かってがんばれると思います。でも、12歳の段階では、無理でしたね……。

 

受験しない子もいるのに、「どうして私だけ」と思うかもしれませんね。お母さんはどのように気持ちの切り替えをされましたか?

 

mama_E_201510

Eママ

私もあまりうまく切り替えられませんでした。「アイスでも食べようか」と娘を誘って、多少気分転換をしたぐらいです。あとは翌日職場で、昼休みに受験経験のある人に話を聞いてもらって発散していました。

 

今月の先輩ママ

Eママ

私立女子進学校高校1年生のママ。会社員。夫との3人家族。
「先輩ママや同じ受験生ママ友達と話をすることが一番の発散方法でした」

Yママ

私立男子進学校高校1年生と同校中学2年生の2人兄弟のママ。ピアノ講師。夫との4人家族。
「子どもが小さいころの写真やビデオを見て初心に返るようにしました」

Fママ

私立女子進学校高校1年生のママ。会社員。シングルマザー
「近所を走って、ストレス解消! 受験の悩みがちっぽけに感じます」