進学通信2015年9月号

今月のテーマ
働くママに聞きました
中学受験と仕事との両立は大変!?

中学受験では、塾の送迎やお弁当作り、学校説明会や塾の保護者会の出席など、保護者が協力する場面が多々あります。とくに、受験情報の収集や、子どもの学習管理など、一般的に“母親”の出番が多いといわれる中学受験。仕事との両立は可能なのでしょうか。お仕事を持ちながらお子さんの受験を経験された先輩ママに、お話をうかがいました。

6)先輩ママの声

仕事を持つママが中学受験で苦労したこと、工夫したことは?

  • 夏休みなど、長期休みのときの昼食を事前に用意するのが負担だった。買い物時間の節約のため、宅配スーパーや生協を利用した。
    (中1女子のママ・パート)
  • 受験本番の時期は、シフトを減らしてもらいつつ、同僚に負担がかかり過ぎないようにと気を遣った。
    (高2女子のママ・パート)
  • 受験する人が少ない地域に住んでいたので、夜、塾のお迎えで最寄り駅に行くと、じろじろ見られた。
    (高1男子のママ・パート)
  • 私の帰宅時間が遅く、夕食が10時ごろという夜型の生活だったので、受験前は朝型にするのが大変だった。
    (中1女子のママ・自営)
  • 帰りが遅くなっても、その日の勉強の丸つけと翌日の勉強をそろえることは必ず行い、間違えていたところは翌朝教えるようにした。
    (中1男子のママ・フルタイム)

 

家族の協力について満足していますか?

  • 主人は子どもが勉強していてもゲームやテレビ三昧で、協力はお金を出したことだけ。せめて勉強の邪魔だけはしないでほしかった。
    (高3男子のママ・パート)
  • 6年生の後半になって、土日の夜に勉強を教えてくれるようになった。
    (中1男子のママ・フルタイム)
  • 母娘が煮詰まると、夫や上の子が気分転換につき合ったり、励ましたりしてくれた。
    (中1女子のママ・専業主婦)
  • とくに受験直前期は私もカリカリしていたが、4つ離れた上の子が受験経験者で、弟の気持ちも私の気持ちも理解し、2人の話を聞いてクッション役になってくれたのはうれしかった。
    (高3男子のママ・フリー)
  • 夫は受験に興味がなかった。
    (高3女子のママ・専業主婦)
  • 入試当日、たとえ1日でも送って行ってほしかった。連日なので私も疲れる。
    (中1男子のママ・専業主婦)
  • 単身赴任中の主人が、スカイプを利用して熱心に指導していた。志望校の出題傾向を調べたり、教材を探したりも。
    (高1女子のママ・専業主婦)
  • 6年生になって、夫がやっと協力的に。男性は効率を考えるので、テキストの進め方を決めたり、スケジュール管理をしてくれた。
    (高3男子のママ・自営)
  • 夫は、息子と私の好きなように受験させてくれたので、満足している。
    (高1男子のママ・専業主婦)

 

今月の先輩ママ

Eママ

私立女子進学校高校1年生のママ。新卒から同じ会社に勤め続けるフルタイムワーカー。夫は単身赴任中。
「仕事をしていたおかげで、子どもの受験だけにのめりこまずにいられたと思います」

Yママ

私立男子進学校高校1年生と同校中学2年生の2人兄弟のママ。音楽教室と自宅で教えるピアノ講師。
「休みを取りにくい仕事なので、入試期間は会社員の主人が休みをとって乗り切りました」

Fママ

私立女子進学校高校1年生のママ。シングルマザー。会社員。お子さんの中学受験期は、営業の仕事を担当。
「「仕事をすることはあたりまえ」という感覚を、子どもに与えることができています」