進学通信2015年9月号

今月のテーマ
働くママに聞きました
中学受験と仕事との両立は大変!?

中学受験では、塾の送迎やお弁当作り、学校説明会や塾の保護者会の出席など、保護者が協力する場面が多々あります。とくに、受験情報の収集や、子どもの学習管理など、一般的に“母親”の出番が多いといわれる中学受験。仕事との両立は可能なのでしょうか。お仕事を持ちながらお子さんの受験を経験された先輩ママに、お話をうかがいました。

4)子どもの受験に没頭しなかったのは仕事をしていたから

受験校選びでは、実際に学校に足を運んで学校見学や説明会に参加することが多いと思いますが、どうされていましたか?

 

image_05_201509
mama_Y_201509

Yママ

平日の昼間は私が、土曜日に行われる学校には主人が行きました。

 

mama_E_201509

Eママ

私は、土曜日に行われる学校の説明会に行くようにし、平日しか開催しないという学校は避けていました。そういう学校は、仕事をしている母親への配慮が少ない可能性が高く、たぶん入学後も学校とのつきあいが難しいと思ったのです。

 

そこを学校選びの基準のひとつにされたのですね。出願や入試本番など、平日に動かなければならないときもあったと思いますが。

 

mama_E_201509

Eママ

私の勤務時間は、朝は比較的遅めなので、朝一番で願書を出してから少し遅れて出社するなどしていました。入試本番まではできるだけ休みをとらないようにして、入試期間に1週間ぐらい休めるように調整しておきました。

 

先を見越して行動されたのですね。ところで、仕事を続けていてよかったと思うことはありますか?

 

mama_E_201509

Eママ

収入が得られるので、当然金銭的な面ではプラスと言えますね。

 

mama_F_201509

Fママ

通塾したり、私立に通わせるとなると、お金がかかりますからね。

 

経済力がアップすることで、子どもの教育費にかけられる余裕が生まれるわけですね。

 

mama_E_201509

Eママ

仕事を持つメリットはそれだけではありません。子どもの中学受験のことだけを考えていたら、私はもっと受験にのめりこんで、精神的に行き詰まっていたかもしれません。仕事があったからこそ、気持ちの切り替えができた部分もあったと思います。

 

お母さん自身が精神的なバランスをとるのに、仕事が役立ったと実感されているのですね。

 

mama_F_201509

Fママ

私は、「人間は働くのがあたりまえ」ということを、娘に伝えられていると思います。女性でも、母親になっても、働くのは当然と娘は考えているようで、専業主婦願望のようなものはなさそうです。

 

身近に働く女性の姿を見て育つわけですからね。お子さんにも働き続けてほしいとお考えですか?

 

mama_F_201509

Fママ

専業主婦になることを否定するわけではありませんが、「働きたくないから主婦になる」というのはどうかなと思います。また、学校にも行かずにニートになるのではなく、娘が「決まった時間に人間が学び、働くことはふつうのこと」という考え方をしているのはよかったと思います。

 

image_06_201509

今月の先輩ママ

Eママ

私立女子進学校高校1年生のママ。新卒から同じ会社に勤め続けるフルタイムワーカー。夫は単身赴任中。
「仕事をしていたおかげで、子どもの受験だけにのめりこまずにいられたと思います」

Yママ

私立男子進学校高校1年生と同校中学2年生の2人兄弟のママ。音楽教室と自宅で教えるピアノ講師。
「休みを取りにくい仕事なので、入試期間は会社員の主人が休みをとって乗り切りました」

Fママ

私立女子進学校高校1年生のママ。シングルマザー。会社員。お子さんの中学受験期は、営業の仕事を担当。
「「仕事をすることはあたりまえ」という感覚を、子どもに与えることができています」