進学通信2015年9月号

今月のテーマ
働くママに聞きました
中学受験と仕事との両立は大変!?

中学受験では、塾の送迎やお弁当作り、学校説明会や塾の保護者会の出席など、保護者が協力する場面が多々あります。とくに、受験情報の収集や、子どもの学習管理など、一般的に“母親”の出番が多いといわれる中学受験。仕事との両立は可能なのでしょうか。お仕事を持ちながらお子さんの受験を経験された先輩ママに、お話をうかがいました。

2)出勤前に食事作り帰宅後は学習のチェック

Fさん、Eさんはフルタイムのお仕事ですが、Yさんは非常勤でお仕事をされているそうですね。

 

mama_Y_201509

Yママ

はい。ほぼ毎日自宅で教えるのに加えて、週2日は音楽教室の非常勤講師をしています。勤務時間が、子どもが学校から帰ってくる夕方からの時間と土曜日が中心なので、子どもが家にいる時間は常に仕事をしているという感じです。受験期も今も、勤務態勢はあまり変わっていません。

 

塾の送り迎えなどは、ちょうどお仕事の時間と重なるということですか?

 

mama_Y_201509

Yママ

その通りです。小学校低学年のころはやりくりして送り迎えをしていましたが、3年生ごろからは、基本的にひとりで通わせました。夜遅くなっても、ときどき駅まで迎えに行くぐらいでしたね。

 

困ることはありましたか?

 

mama_Y_201509

Yママ

家庭での学習時間に、そばでずっと見ていられないのが気になっていました。私自身がピアノの練習をしなければならないときは、息子に「お母さんが1時間練習してくる間に、この問題を終わらせておくこと」と言って、タイムを計ったこともあります。

 

自宅でお仕事をしていると、お母さんががんばっている姿を見せられるというメリットもあるのではないですか?

 

mama_Y_201509

Yママ

それはどうでしょう。まあ、四六時中そばにいないとはいえ、練習や自宅レッスンのときは、お互い家の中にはいるので、ところどころで勉強の様子を見ることができたのはメリットかもしれません。

 

外に出かけるお仕事のときはどうされていましたか?

 

mama_Y_201509

Yママ

当時は赤ペンが家中いろいろなところにありましたね。探したらエプロンのポケットに入っていたことも(笑)。息子2人の塾の曜日が異なっていたので、必ずどちらかが家にいましたから、常に私は子どもの勉強を気にしていなければなりませんでした。
私も疲れているときは、丸つけが適当になってしまい、社会科の解答の漢字を間違えたまま丸をしていたこともありました。息子が「寺子屋」を「寺小屋」と書いていたのに丸にしてしまって、塾の先生から指摘を受けたこともあります。

 

お仕事の量を減らしたくなったりはしませんでしたか?

 

mama_Y_201509

Yママ

そこまでは思いませんでした。「受験で大変なのは今だけ」ということはわかっていましたから。実際、そこまで学習管理をしたのは5年生まででしたね。6年生になったら、本人に任せるようにしました。

 

お子さんの中学受験を客観的にとらえられたのは、お母さんがお仕事をされていたことも関係あるのかもしれませんね。

 

image_03_201509

今月の先輩ママ

Eママ

私立女子進学校高校1年生のママ。新卒から同じ会社に勤め続けるフルタイムワーカー。夫は単身赴任中。
「仕事をしていたおかげで、子どもの受験だけにのめりこまずにいられたと思います」

Yママ

私立男子進学校高校1年生と同校中学2年生の2人兄弟のママ。音楽教室と自宅で教えるピアノ講師。
「休みを取りにくい仕事なので、入試期間は会社員の主人が休みをとって乗り切りました」

Fママ

私立女子進学校高校1年生のママ。シングルマザー。会社員。お子さんの中学受験期は、営業の仕事を担当。
「「仕事をすることはあたりまえ」という感覚を、子どもに与えることができています」