進学通信2015年7月号

今月のテーマ
中学受験の先にある私立の学校生活ってどんなもの?
-Part2-

私立の中高生とその家庭がどんな生活を送っているのか、今月も先輩ママたちにうかがいました。
中学受験をした理由や振り返ってのアドバイスなども合わせて、ぜひ参考にしてください。

4)中学受験を通して 塾で楽しく学力を身につけた

mama_F_201507

Fママ

ウチは、小学5年生のときに、入っていたサッカー部の友達がみんな塾に通い始めて、友達に会うために塾に入ったという感じですね。
その結果、流れにのって中学受験することになりました。親は、公立中学も地元の友達ができて楽しいだろうと思いましたが、本人が受験に前向きになっていたので、応援することにしました。もし、サッカー部に入っていなかったら、受験はしていなかったかもしれません。

 

mama_Y_201507

Yママ

小学校でまわりの子が受験すると聞いて「中学受験」という単語が息子の頭に入ってきたようです。そのころ息子は、小学校で勉強の話をしようとすると、友達に「なんで勉強の話なんかするんだ」と言われる経験をし、「塾に行くと勉強の話ができるの?」と聞いてきました。
5年生になるときに入塾したところ、塾が楽しくてしようがない様子で、前のめりになって勉強するようになりました(笑)。

 

mama_M_201507

Mママ

ウチの場合は、通っていた小学校の受験率が高かったのが大きな理由です。学年の7割ぐらいの子どもが受験する小学校だったので、意識の高い親御さんが多く、影響を受けたことは間違いないですね。

 

Mさんは、お子さんの中学時代を振り返ってみていかがですか?

 

mama_M_201507

Mママ

高校受験のことを考えずに過ごせたのは、私立の一貫校でよかった点です。中学生になると、もう親の思う通りにはなりません。やはり親の話を素直に聞いてくれる小学校時代に受験ができたのはよかったのかなと思います。

 

現在の受験生家庭にアドバイスをお願いします。

 

mama_Y_201507

Yママ

6年生の秋ごろは過去問ができなくて不安になったものですが、だんだん問題に慣れてできるようになりました。第一希望の2月の受験の前に、1月に受験して合格をもらえたことで本人も自信をつけ、落ち着いて2月の受験に向かえました。1月の受験は大事だと思います。

 

mama_M_201507

Mママ

塾のテストや模試などのデータは、ある程度正確に出るので、志望校を決める参考にしたほうがいいと思います。そこを無視して背伸びした学校選びを行っても、必ずしもうまくいくとは限りません。

 

mama_F_201507

Fママ

何か困ったことがあると、私はすぐ塾の先生に電話して、面接もよくしていただきました。

 

mama_S_201507

Sママ

私も塾によく電話しました。わからないところをそのままにしている娘に業を煮やし、私が電話したことは内緒にしてもらって、「子どもは自分からは先生に聞けないので、先生から声をかけてください」と頼みました。それなりに効果があり、塾で充実した時間を過ごせたようです。

 

入学したばかりのSさんは、中高の6年間でお子さんに望むことはなんでしょう?

 

mama_S_201507

Sママ

Mさんもおっしゃっていましたが、子どもはだんだん親の言うことを聞かなくなるそうなので、高校卒業後の進路については、自分で考えるでしょう。今後、一番影響が大きいのは友達だと思います。6年間で一生の友達を得てほしいですね。

 

先輩ママのみなさん、ありがとうございました。受験生のご家庭でも、時には中学入学後の生活に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

 

image_05_201507

今月の先輩ママ

Fママ

私立男子進学校中学2年生の兄と、公立小学校2年生の妹のママ。専業主婦。
「宿題が多く、家では夜12時ごろまで勉強し、週4日は運動部で汗を流しています。」

Yママ

中学2年生の双子(公立中学校に通う姉と私立男子進学校に通う弟)のママ。専業主婦。
「中学受験で出会った塾の先生が大好き。息子の将来の夢は、「塾の先生」だそうです。」

Sママ

私立共学進学校中学1年生の女の子のママ。ワーキングマザー。
「中学受験をしていなければ、学力がひどいことになっていたかもしれません。」

Mママ

私立女子進学校、高校2年生のママ。ワーキングマザー。
「お弁当は前の日に献立を決めて書いておくのがコツ。寝ぼけまなこでも作れます。」