進学通信2015年7月号

今月のテーマ
中学受験の先にある私立の学校生活ってどんなもの?
-Part2-

私立の中高生とその家庭がどんな生活を送っているのか、今月も先輩ママたちにうかがいました。
中学受験をした理由や振り返ってのアドバイスなども合わせて、ぜひ参考にしてください。

2)朝早く起きて子どもは電車通学 ママはお弁当作りが始まる

私立に通う生徒は、電車通学をするケースが多いですね。

 

mama_S_201507

Sママ

ウチの子の学校では、入学してすぐに女子だけ集められて、電車通学の注意のようなお話がありました。要は痴漢対策です。満員電車の場合はどのへんに立つといいとか、通学で役立つ知恵ですね。

 

mama_M_201507

Mママ

ウチは女子校ですが、そういうお話はなかったです。学校によってさまざまですね。

 

mama_S_201507

Sママ

スマートフォンの注意事項も、警察の方が学校に来られてお話しされたそうです。いじめや出会い系、ゲームの課金など問題が多いですからね。また、ラインなどがとび交っている中で、一人だけ返事をしないと友達に嫌われてしまうからと、夜遅くまでスマホで〝会話〟をしていて、寝不足になるという話もあったようです。

 

mama_Y_201507

Yママ

スマートフォンについては、姉が通う公立中学のほうで、しょっちゅう問題になっているようです。息子の学校では、学校に着いたら携帯電話は預ける決まりになっています。ラインなどは、男子はそんなに興味もなさそうなので問題は起こりにくいのかもしれません。

 

男女の違いで、学校の指導にも差がありそうですね。
お子さんたちの生活は、小学校時代とどのように変わりましたか?

 

mama_F_201507

Fママ

朝、家を出かけるのが7時25分なのに、7時過ぎまで寝ていて(笑)、朝ごはんをかきこんで出て行きます。宿題が多くて寝る時間は夜12時近く。運動部に入り週4日活動しているのでけっこう忙しいですが、本人は楽しいと言っています。

 

mama_Y_201507

Yママ

ウチは6時半に起きて7時に出かけます。寝るのは11時ごろ。私は6時起きでお弁当作りです。

 

mama_M_201507

Mママ

お弁当は、朝寝ぼけていても作れるように、前日のうちに献立を書いておくといいですよ。それを見れば、考えなくても、手が勝手に動きますから。お弁当ができ上がったら、翌日のメニューがダブらないように、携帯で写真を撮って記録しています。

 

mama_F_201507

Fママ

立派ですね。私はどうしても冷凍食品が多くなってしまいます。

 

image_03_201507

 

休日の過ごし方やおこづかいはいかがですか?

 

mama_Y_201507

Yママ

夏休みなどの長期休暇のときには、友達とディズニーランドや映画に行ったりしています。おこづかいは月2000円渡しています。

 

mama_F_201507

Fママ

ウチは月3000円です。その中で全てまかなっていて、主な使い道は、部活後の飲み物とか、遊びに行くときの交通費などですね。あまり漫画とかCDとかには使わないので、貯まる一方みたいです。

 

mama_M_201507

Mママ

中学時代は5000円、高校からは8000円です。アイドルが好きで、コンサート代や雑誌代などに使っていますね。最近は洋服に興味を持ち始めて、おしゃれ代にもなっています。

 

mama_S_201507

Sママ

娘はあるだけ使ってしまうので、決まって渡すのは、今のところ小学校時代のまま月300円だけです。後は必要なときに、そのつど渡しています。

 

私立に入学して驚いたことはありますか?

 

mama_Y_201507

Yママ

息子の学校では、PTAの役員にお父さんが多いことに驚きました。さらに、役員の希望者が多く、空きがないと入れないという状況にもびっくりしました。小学校ではなかなか決まらなくて大変だったものですが……。逆に、役員をやりたくない人は、やらなくても全く問題なさそうです。

 

私学には、代々同じ学校に通うご家庭を含め、学校に協力したいという親御さんが多いのかもしれないですね。

 

image_04_201507

今月の先輩ママ

Fママ

私立男子進学校中学2年生の兄と、公立小学校2年生の妹のママ。専業主婦。
「宿題が多く、家では夜12時ごろまで勉強し、週4日は運動部で汗を流しています。」

Yママ

中学2年生の双子(公立中学校に通う姉と私立男子進学校に通う弟)のママ。専業主婦。
「中学受験で出会った塾の先生が大好き。息子の将来の夢は、「塾の先生」だそうです。」

Sママ

私立共学進学校中学1年生の女の子のママ。ワーキングマザー。
「中学受験をしていなければ、学力がひどいことになっていたかもしれません。」

Mママ

私立女子進学校、高校2年生のママ。ワーキングマザー。
「お弁当は前の日に献立を決めて書いておくのがコツ。寝ぼけまなこでも作れます。」