進学通信2015年6月号

今月のテーマ
中学受験の先にある私立の学校生活ってどんなもの?
-Part1-

私立中学の入試に向けて勉強に取り組んでいる受験生にとって、入学後の生活は気になりますね。
私立中学・高校の生徒たちはどんな学校生活を送っているのか、受験の経験談とともに在校生のママたちにお話をうかがいました。

2)私学は面倒見が良い? 学習面の指導にも学校の個性が

しっかり学力をつけてくれることを私学に期待される方も多いと思います。入学後、学習は大変そうですか?

 

mama_F_201506

Fママ

ウチはチャレンジ校に入学したので、息子が周囲についていけるか心配でした。でも、本人にもその自覚があり、中1のときから日々の勉強をコツコツこなしています。普段から家でも毎日1時間から1時間半ぐらいは勉強していますね。
当たり前のことですが、課題がしっかり出るので、それをきちんと提出することを守っているようです。今のところ落ちこぼれることなく、ついて行けているみたいです。

 

mama_M_201506

Mママ

その当たり前のことがとても大事です。宿題の提出や小テストなどの日々の勉強と、定期テストを総合して成績はつきますからね。

 

mama_F_201506

Fママ

学校には、もっと上位の学校を受けたけれど、滑り止めで入ったという子もいます。その中には、「こんな学校に行きたくなかった」と、くさって勉強しなくなり、順位がどんどん落ちていく子もいます。

 

mama_M_201506

Mママ

娘の学校には、逆に第1志望にしていた子で、合格したことがうれしすぎて「やった〜! もう遊んでもいいんだ〜」と勉強をやめてしまい、成績が低迷しているなんてケースもあります。受験生の親御さんは、「受験が終わったら遊んでいいよ」とは絶対に言わないほうがいいですね。
ウチは、中学受験で合格するまでとても大変だったので、入学したら「6年後の大学受験を目標にがんばろう」と家族で決め、勉強の手をゆるめずに中学3年間を積み重ねてきました。そのおかげで、今は成績別の上のクラスにいます。

 

それはがんばりましたね。授業の進度は、やはり速いですか?

 

mama_M_201506

Mママ

ものすごい速さで進んでいきます。学校によってカリキュラムは違いますが、学習内容を早く終わらせて、高校2、3年生になったら受験勉強に専念できるようにしている学校が多いようです。
ちゃんと補習をしてくれる学校もありますが、成績上位の生徒しか引っ張ってくれないようなところでは、遊んでしまうと学力差は広がる一方になっていまいます。

 

mama_Y_201506

Yママ

やはり授業の進みは速いと感じます。息子が指の骨折で何回か授業を休んだとき、次に授業に出るとかなり進んでいてびっくりしていました。「授業中は集中していなくては!」と、改めて思ったようです。
ウチの子の学校は、勉強面の面倒見という点では、現時点ではあまり手厚い感じはしないですね。自主性を尊重してか、あまりフォローしてくれないようで、少し心配です。宿題の量もそれほど多くありませんし、自宅では1日30分ぐらいの学習時間でなんとかなっているようです。
ただ、高校生になると大変らしく、先生からも「今の時期のうちに、本はたくさん読んでおくように」と言われています。

 

mama_F_201506

Fママ

息子の学校は、とても面倒見が良いようで、赤点が続くと補習してくれたりするらしいです。課題も、テキストに先生の押印欄があって、クリアするとはんこを押してもらうシステム。学習面はきちんと管理されている印象です。
また、基本的に、6年間先生が持ち上がりになるらしく、それは良かったなと思います。慣れた先生方が見守ってくれる環境なので、安心して勉強ができそうです。

 

学校によって、教育に対する考え方や指導方法もさまざまで、個性が出るのが私学らしいですね。

 

image_02_201506

今月の先輩ママ

Fママ

私立男子進学校中学2年生の兄と、公立小学校2年生の妹のママ。専業主婦。
「チャレンジ校に合格したので、ついていけるように毎日コツコツ勉強しています。」

Yママ

中学2年生の双子(公立中学校に通う姉と私立男子進学校に通う弟)のママ。専業主婦。
「小学校時代のクラスの押しが強かった女子と離れて、男子校にのびのびと通っています。」

Sママ

今年の受験で入学した私立共学進学校中学1年生の女の子のママ。ワーキングマザー。
「女子とのつきあいが苦手という娘の意見を尊重して、共学校のみ受験しました。」

Mママ

私立女子進学校高校2年生の女の子のママ。フリーの仕事を持つワーキングマザー。
「中学入学後、6年後の大学受験に向けてがんばろうと家族で目標を立てました。」