進学通信2015年4・5月合併号

今月のテーマ
2015年我が家の中学受験を振り返る
受験を通して得たものは?

2020年大学入試改革に向けての節目となった2015年の中学入試。受験を終えたばかりのお母さま方に、これまでの日々を振り返っていただきました。
中学受験が受験生本人とその家族にもたらしたものとは……?

2)受験の経験が子どもを強くする入試前後に見られたエピソード

印象深い出来事はありましたか?

 

mama_A_2015045

Aママ

1月のことですが、息子の机から親が預かっていたはずのDS(ゲーム機)が出てきたのです! これには相当腹が立ちました。寝ていた息子をたたき起こして、叱りつけましたね。1年間、漫画もゲームもテレビも全部禁止していたので、最後にきて気が緩んだのでしょう。やる気のない子のおしりを叩くのは、本当に大変でした。ただ、激動の受験だったので、入試期間の5日間で息子が学んだことは大きいと思います。世の中そんなに甘くないということはわかったのではないでしょうか。

 

mama_H_2015045

Hママ

第1志望校の合格発表は、主人と私と娘の3人で見に行きました。不合格がわかり、主人は言葉もかけられないので、娘の肩をポンポンとたたいたのです。そうしたら、普段はパパ大好きな娘なのに、そのときは主人の手を振り払って、私のところに来て、手をギューッと握ってきました。帰り道も言葉少なでしたね。
でも、娘自身も力は尽くしたのでしょう。しばらくして気持ちの切り替えができたのか、合格したら行こうと言っていたディズニーランドに行きたいと言いだしました。翌日、休みだった家族全員で出かけました。

 

mama_N_2015045

Nママ

受験がすべて終わったとき、私は息子に謝りました。「受験を失敗したのは、お母さんのせいだよね。お姉ちゃんのときみたいに勉強を見てあげられなくて、ごめんね」と私の膝に顔を埋めていた息子の背中をさすりながら言いました。ティッシュで目を拭いていたので息子が泣いているのはわかりましたが、決して私に泣き顔は見せないのです。しばらくして顔を上げたときには、ニコニコして「お母さんのせいじゃないよ」って言ってくれました。

 

気持ちのやさしいお子さまなのですね。

 

mama_N_2015045

Nママ

もっと感情を出したほうがすっきりするのではないかと、逆に心配になってしまうくらいです。このまま素直に育っていってくれたらうれしいですね。
小学校では、クラスの子に、「受験に落ちるってどんな気持ち?」と無神経な言葉もかけられたそうです。上の子は「私だったら、そんな結果なら、もう小学校に行けないと思う」と言っていました。きっと傷ついていることも多いと思います。
息子は今回の受験で挫折感を味わいましたが、小学生の今でよかったという思いもあります。年齢が高くなるほど、挫折からの立ち直りが遅くなると思いますから。

 

mama_A_2015045

Aママ

第1志望校にすんなり合格できなかった子は、心の痛みを経験しますから、人にやさしくなれると思いますね。

 

人として何より大切なこと、やさしさや強さを身につけることも、中学受験がもたらす成長のひとつかもしれないですね。

 

image_02_2015045

今月の先輩ママ

Nママ

2人のお子さんのママ。上のお子さんは女の子で、私立共学進学校の高校1年生。下のお子さんは男の子で今年受験をしましたが、公立中学に入学予定。ご主人との4人家族で専業主婦。
「結果は公立中学進学となりましたが、中学受験の経験は、息子の今後の人生のために良かったと思っています」

Aママ

2人のお子さんのママ。上のお子さんは私立女子進学校の高校2年生。下のお子さんが今年受験し、私立男子進学校に入学が決定。ご主人との4人家族で専業主婦。
「受験はかなり疲れました。でも、息子のために母としてやれるだけのことはやった達成感でいっぱいです」

Hママ

2人姉妹のママ。上のお子さんは私立女子進学校の高校1年生。下のお子さんが今年受験し、私立女子進学校に入学が決定。ご主人との4人家族で専業主婦。
「姉と同じ学校に決まりました。本人がストレスなく元気に受験できたことが一番!」

Sママ

3人のお子さんのママ。上のお子さんは私立男子進学校の高校2年生、真ん中のお子さんが今年受験をし、私立女子進学校に入学が決定。一番下のお子さんは公立小学校4年生の男の子。ご主人との5人家族で、パート勤務。
「最初のころに比べて偏差値は20近く伸び、適正校より上位の学校に合格できました」