進学通信2014年9月号

今月のテーマ
わが子に合うのは男子校? 女子校? 共学校?
それぞれの特性を知って志望校を選ぼう

最終的な志望校選びの時期に入ってきました。
男子校・女子校・共学校という選択は、中学受験の選択肢の一つです。
ただ、この時期になって迷う保護者も出てきているのでは?
在校生ママ達に、お子さんの学校生活から感じる印象を本音で聞かせていただきました。

【3】何でもできるようになる女子校 幅広い進路選択ができる

Fさんのお子さんは、初めから女子校がいいという考えでしたか?

mama_F_201409

Fママ

娘は小学校で、男子と仲良くしていたら友達からやっかみを受けたことがあり、男子がいないほうが面倒でなく、楽しく学校生活を送れると思ったようです。

 

女子校の中での学校選択はどうされましたか?

mama_F_201409

Fママ

校風ももちろんありますが、難易度も影響しました。小6の夏前に成績のピークがあり、その後成績が少し下がってきて、志望校を見直したことがあります。4、5年生頃から私は勉強には一切手を出さない主義。ここで手を出しても、先の大学受験や、就職活動では手伝うわけにはいきません。今、勉強しないなら、それも彼女の実力だと思うようにしました。それで、私は志望校のレベルを下げようと思ったのですが、塾の先生の考えは、反対でした。それまでの志望校には合格するだろうと高をくくって勉強しなくなったのが成績低下の原因だろうから、もっと上の学校をめざしなさいと言われたのです。結果的にその考えに従って良かったと思います。娘は言われたことはやる性格なので。

 

実際に通ってみて、女子校のメリットをどうお考えですか?

mama_F_201409

Fママ

何をやるにも男子の力を借りないので、何でもできるようになりますね。それは良かったと思います。また、娘の学校は理系の国立大学を受ける生徒が多く、女子だから文系という古い固定観念を持たずに幅広い進路選択ができます。どうしても男子がいると、総体的に理系は男子のほうが多く、文系は女子が多いということになり、イメージに引きずられがちです。女子校の場合は何の遠慮もなく、やりたいことを目標に、精いっぱい勉強に邁進できますね。
勉強していることを隠したり、休み時間に勉強したくても無理に遊んだりするといったことも必要ありません。

 

心配なことはありますか?

mama_F_201409

Fママ

娘は、女子校のメリットは「どこでも着替えられること」と言っています。確かに普段はそうでしょうが、授業参観でお父さん方が来ていても、教室で着替え始めようとする生徒がいるのにはこちらが慌てました。女性としての恥じらいとか、たしなみが育ちにくいところはあるかもしれません。

 

image_03_201409

 

今月の先輩ママ

Sママ

私立男子進学校の中学3年生のママ。両親は共学校がいいと思ったが、本人が男子校を強く希望。
「将来的に女性と自然に接することができるようになるのか、少し心配……」

Fママ

私立女子進学校の中学3年生のママ。ママ自身の中高時代の経験から娘には女子校がいいと考えた。
「女子だけの穏やかな環境で、勉強に打ち込めるのはいいなと思います」

Hママ

私立大学附属共学校の中学3年生女子のママ。第一志望は女子校だったが、今は共学の良さを実感。
「行事では男女協力する経験ができ、楽しい学校生活を送っています」