進学通信2014年8月号

今月のテーマ
子どもをよく見て話をよく聞いて 夏休みには心のケアとサポートを大切に

いよいよ夏休みがやってきます。
6年生のこの期間をどう過ごすかが受験の結果に影響するかもしれないと意気込む保護者も多いのではないでしょうか。
どのような夏を送ったのか、やってみて良かったことや反省点などを含めて先輩ママ達にお聞きしました。
ぜひ、参考にしてください。

【1】課題がいっぱいでとにかく追われていた夏休み

お子さんは6年生の夏休みをどのように過ごされましたか?

S_mama

Sママ

夏休み前は、やらなければいけない課題やそのための準備など、あれこれ一緒に考えてはいましたが、実際には日々の課題だけでめいっぱいという状態のようでしたね。塾の夏期講習に通い、宿題に取り組むのに一生懸命でした。志望校の過去問題などは、夏にやってもまだ点数が取れないので、秋以降に解いたほうがいいという塾の指導がありました。

 

H_mama

Hママ

でも、過去問題集が売り切れるといけないので、夏休み前後に買っておきましたね。

 

S_mama

Sママ

そうそう。先に買いました。このころはまだ志望校も固まっていなかったので、候補段階の学校の分も購入し、結局半分ぐらいはまっさらな状態で塾に寄付しましたっけ。

 

小学校の宿題もありますよね。

S_mama

Sママ

自由研究など時間がかかるものもありましたが、小学校のプリント類は、塾のテキストよりも簡単なので、ウォーミングアップとして使っていました。朝、起きたら学校のプリントをまず1枚やってから、その後、塾の課題に取り組むというように。こうしたスケジュールは、すべて私が立てていました。中学受験を言い出したのは私でしたので、引くに引けず(笑)。息子も、うまくレールに乗せれば外れないタイプでした。自分から積極的に乗ってくるということはありませんでしたが。

 

素直についてきてくれたのですね。

S_mama

Sママ

気をつけたのは、計画を立てるときに、本人に相談して決めるようにしたことです。私が勝手に決めて押しつけていると思われないように、「一緒に決めたでしょ」と言って、子どもが言い訳できないような状況を作りました。そのうえで、うまくほめてのせるというのがコツでしたね。

 

今月の先輩ママ

Hママ

私立大学付属共学校の中学3年生女子のママ。中学受験を言い出したご主人は、お盆休みに「パパ特訓」を実施したとか。
「成績が下がって落ち込む娘に何かできなかったかと心残りです」

Fママ

私立女子進学校の中学3年生のママ。仕事を持つシングルマザー。お子さんは夏休みの間、近くに住む祖父母の家で勉強することも。
「塾の課題を行うためにそれだけに集中できる部屋を用意しました」

Sママ

私立男子進学校の中学3年生男子のママ。通塾は小学校1年生から。受験勉強のスケジューリングは母主導で進めた。
「苦手科目に気を取られて、教科のバランスを崩したのが反省点です」