進学通信2014年7月号

今月のテーマ
2014年の中学受験 合格保護者はどんな基準で学校選びを行ったのか

私立中学へ入学したい! という強い意志は共通していても、各家庭の教育方針やお子さんのやりたいことは違います。
学校選びや併願作戦のこだわりを先輩保護者に聞きました。

【3】1月受験の意義は大きい受験計画は綿密に立て臨機応変に動きたい

ところで、お子さんは何校くらい受験されましたか?

Ymama

Yママ

1月に1校、2月に4校です。1月は模試がないのでその代わりとして、また本人の性格から考えて、合格確実の学校を選びました。2月は、もし1日の学校が不合格だった場合は5日の学校にも出願しようと準備だけはしておきました。

 

Nmama

Nママ

ウチも5校です。1月は、本人の希望で、第一志望校と同じぐらいのレベルの学校を受験。確実に合格できる学校も受けさせたかったのですが、受験料もかかるので1校に絞りました。最初は1月の受験にはあまり意味を感じられませんでしたが、合格をいただくと、「ウチの子、やれるんだ!」と勇気をもらいました。これまでの模試で偏差値が出ても、実際に合格できる確信が持てなかったので、受けさせてよかったと思いましたね。合格発表で私はおいおい泣いてしまい、その1月の受験校が大好きになってしまいました(笑)。

 

その後、2月1日の第一志望校にも合格されたのですね。

Nmama

Nママ

はい。実は、受験スケジュールは娘が組んだのですが、とても強気な受験で、私は到底無理だと思っていました。午後入試を勧めても、眠いから嫌だといい、結局受けずじまい。私は「もし全部受かったら土下座する」とまで言いましたが、その通りになり、土下座しましたよ。

 

201407image04
 

娘さんの意志と頑張りが大きかったのですね。Sさんはいかがですか?

Smama

Sママ

1月に2校、2月に4校です。1月は緊張感を保つため、一つは不合格になってもいいくらいのつもりで受けたのですが、両方とも合格できました。でも、それで緊張感が緩んだのか、2月の1日と2日が不合格に。そこで塾に行き、なんとか切り替えができて、その結果、3日と4日の学校は合格でした。

 

いわゆる安全校というのは受験されなかったとか。

Smama

Sママ

そうなんです。息子の行きたい学校の中で、塾の先生と相談して本人が受験スケジュールを組みましたが、私はちょっと危ない併願パターンだったと思います。

 

それでも皆さん5、6校を受験していらっしゃいますが、それは妥当な校数でしたか?

Ymama

Yママ

子どもの調子や成績にもよるでしょうし、塾の先生のアドバイスにもよると思います。上の子のときには、風邪をもらう可能性があるから無理に1月は受けなくていいと言われました。

 

Smama

Sママ

ウチはもう少しレベルの高い1月校も受験させたかったです。1月入試の学校にも、行かせたい学校はたくさんありました。でも、受験費用がかかりますし、子どもの体力との兼ね合いもありますから、いくらでも受けられるわけではありませんよね。

 

保護者はお子さんの成長に大切な中高6年間をいかに良い環境で過ごさせるかを考えています。できるだけ幅広く、多くの学校説明会に参加したり、学校行事を見て、偏差値だけでなく、お子さんの受験時の状況にも合わせて対応できる準備を進めておきたいですね。

 

201407image05

 

今月の先輩ママ

Yママ

私立男子進学校に通う中3生と、同じ学校にこの春入学した中1生兄弟のママ。6年間じっくりと集中できる環境を与えたくて私学を選択した。
「私が小学校時代にキリスト教系の学校に通った経験から、大人になる前に宗教に基づく価値観や文化を知る意義を感じていました」

Nママ

私立女子進学校に入学した中1生のママ。地元の小学校が荒れていたのが中学受験のきっかけ。お子さんは女子校しか希望しなかった。
「いくら模試を受けても、本当に合格するものなのか不安でした。1月の受験校に合格したときはうれしくて、事前受験をしてよかったと思いましたね」

Sママ

私立男子進学校に入学した中1生のママ。小学校の女子が乱暴だったので、本人が「絶対男子校がいい」と主張。
「万一志望校が不合格になった場合は、家族で引っ越しをして、1月に受験した他県の学校に入学することも考えました」