進学通信2014年6月号

今月のテーマ
合格座談会2014 家族で乗り切った受験生活 わが子への期待と不安で胸がいっぱい!

私立中学1年生もようやく学校生活に慣れた頃でしょうか。
そんな新入生の受験生活にも、たくさんのドラマがあったはず。
今回は、合格ママ達に「わが家の中学受験生活」を振り返っていただきました。

【2】成績の波は必ずあるもの 家族の協力が受験を乗り切る力に

お父様はサポートしてくれましたか?

Ymama

Yママ

上の子の時よりも関わっていました。プリントの整理や、学習計画作りなどは一緒にやっていましたね。休みの日には、試験の見直しや、過去問の分析などもしてくれたようです。上の子のときの様子を見ていて、私が関わると感情的になることが多いので、良くないと思ったのでしょうね。

 

息子さんもお父さんだと素直に聞いてくれるのですか?

Ymama

Yママ

私よりも父親のほうが感情的にならない分、信頼していたところはあったようです。ただ、甘えは許されませんし、厳しい面もあったと思います。また、上の子が勉強を教えたり、ちょっとしたアドバイスを与えたりすることもあって、それは役立ったようです。兄に聞くとわかりやすいと言っていました。

 

Smama

Sママ

ウチは3人家族なので顔を突き合わせると、受験生である息子の成績が話題になってしまいます。父親に成績のことを言われると、本人はカチンとくるようだったので、見ないのが一番いいという結論に達しました。夫には私が「成績表閲覧禁止令」を出していました(笑)。

 

Nmama

Nママ

秋以降、娘の成績が低迷して私がピリピリしているときも、主人は「なるようにしかならないよ」とまったく動じませんでした。「波はあってあたり前、最後に良くなればいいじゃない」と、娘と私に対して言っていました。娘も、案外自信がありそうな顔をして、私が怒っても、「また言ってるわ」というような反応でした。反抗期だったのかしら。

 

ご夫婦でピリピリした空気を作らないというのは大事なことですね。がんばっているお子さんに見えないところでお母さんの心配を共有してくれて、お子さんの前では大きく構えて動じないというお父さんは理想的です。

Nmama

Nママ

そうですね。でも、私は「なるようになる」と言われても心配でした。本当にあの秋の成績を見た時は、中学受験の世界に足を踏み入れたことを後悔しましたから。

 

長い受験生活の途中では、こうした“成績の波”を経験する受験生がほとんどです。お母さんの精神力も必要ですが、抱え過ぎず、ご家族に協力してもらうことが大事ですね。

 

image02

 

今月の先輩ママ

Yママ

私立男子進学校に通う中3生と、同じ学校にこの春入学した中1生兄弟のママ。ふたりとも小学1年生から通塾開始。
「二度目の受験とはいえ、兄弟でもタイプが全く違うので同じようにはいきません」

Nママ

私立女子進学校に入学した中1生のママ。通塾は小学2年生から。5年生のときに転居して小学校を転校。塾の教室も変わった。
「娘は親が勧める学校とは違う学校を選びました。私は今も少し戸惑っています」

Sママ

私立男子進学校に入学した中1生のママ。小学3年から通塾。親は受験勉強に一切関わらない方針を貫いた。
「塾と本人に任せたおかげで親子関係に亀裂が生じることなく受験は終了しました」