進学通信2014年6月号

今月のテーマ
合格座談会2014 家族で乗り切った受験生活 わが子への期待と不安で胸がいっぱい!

私立中学1年生もようやく学校生活に慣れた頃でしょうか。
そんな新入生の受験生活にも、たくさんのドラマがあったはず。
今回は、合格ママ達に「わが家の中学受験生活」を振り返っていただきました。

【4】勉強以外にも多くのものが得られる私立中高に期待が高まる

お母様として、入学した学校にはどんなことを期待されていますか?

Ymama

Yママ

私立中高一貫校は部活動に専念できる期間が長いので、仲間とたくさん交流できるのがいいと思います。長期の休みには合宿などもありますし、練習時間だけでなく、休み時間なども一緒に過ごしているようです。くだらない話でもいいので、メールだけでなく、友達と直接向き合ってしゃべる時間を大切にしてほしいと思います。どんどん遊んで、友情を深めてほしいですね。長期休みは公立中よりも長いようなので、友達と出かける機会を多く持てるのもいいなと思います。

 

同じように受験生活を経て、志望校に入った友達ができるのはいいですね。

Ymama

Yママ

上の子を見ていると、志が高い友達がたくさんいるので、刺激をもらうことも多いようです。能力が高い友達と比べて、自分には何もないと悩んでいることもありますが、それも思春期に考えるべき大切なことかもしれません。

 

Smama

Sママ

6年間という時間があるので、じっくり学ぶことができると期待しています。興味を持った学問を深めていくなかで、自分に向いていることを見つけ、進路を決めていく糧にしてほしいですね。また、マナーなどをしっかりと教えていただけるのは私立ならでは。そこは楽しみにしています。学校には、自立した人間に育ててもらう予定です(笑)。

 

Nmama

Nママ

志望校については最後まで親子で意見が分かれていましたが、結果的に娘は自分の行きたい学校に入学しました。私はまだどこかで腑に落ちていない部分があるのは事実です。入学した学校は、生徒に失敗や挫折をどんどんさせる方針のようです。今まで私は一人娘が、失敗しないように、転ばないようにと守って育ててきたので、この方針には戸惑いがあります。でも、成長するためには失敗や挫折の経験が必要ということもわかります。これからの6年間が、不安と期待でいっぱいというところです。

 

Ymama

Yママ

勉強以外の活動の場をいろいろと提供してくださることも、私学の良さだと思います。ボランティアや課外活動、生徒会、委員会など、自分が興味さえあれば、いろいろなことに参加し、視野を広げていくことができるのです。そういう機会を積極的に活用してほしいのですが、ウチの子は、自分がやりたくないものは、その情報すら親には知らせてくれません。そこが難しいところですが、母親同士のネットワークなどを使って、できるだけ情報をキャッチし、子どもに声がけをしていこうと考えています。

 

成長期の大切な6年間を過ごす中学・高校は、お子さんに及ぼす影響がとても大きいはずです。わが子の学校生活と将来を考えて、私学を選択したお母さんの生の声には、共感することがたくさんあったのではないでしょうか。ご家族の温かさも伝わってきました。現在、受験生活真っ只中のお母さんにぜひ参考にしていただきたいと思います。元気にHAPPYにがんばりましょう!

 

image03

 

今月の先輩ママ

Yママ

私立男子進学校に通う中3生と、同じ学校にこの春入学した中1生兄弟のママ。ふたりとも小学1年生から通塾開始。
「二度目の受験とはいえ、兄弟でもタイプが全く違うので同じようにはいきません」

Nママ

私立女子進学校に入学した中1生のママ。通塾は小学2年生から。5年生のときに転居して小学校を転校。塾の教室も変わった。
「娘は親が勧める学校とは違う学校を選びました。私は今も少し戸惑っています」

Sママ

私立男子進学校に入学した中1生のママ。小学3年から通塾。親は受験勉強に一切関わらない方針を貫いた。
「塾と本人に任せたおかげで親子関係に亀裂が生じることなく受験は終了しました」