進学通信2014年2・3月合併号

今月のテーマ
中高生活6年間を振り返って 私学で培ったものとは?

中学受験を経て私立中高に通ったお子さん達は、どんな学校生活を送り、卒業後はどのように過ごしているのでしょうか? そして私立中高では何を得られたのでしょうか。現在大学生、大学院生になったお子さんを持つママ達にお話をうかがいました。

【1】質の高い授業は私学ならでは 「考える力」がついた6年間

進度よりも授業内容の充実度に感激!

201402_K_mama

Kママ

ウチの子ども達が通った学校は、どちらも授業のレベルが高く、大学受験に捉われることなく、学問の本質を教える内容だったように思います。娘の学校は、授業の進度はそれほど速くありませんでしたが、どの科目も「書かせる」ことに重点が置かれていました。その力は大学受験だけではなく、大学入学後も役立っているようです。テストの点数をとる力に結びついたかどうかはわかりませんが、中高の6年間で「考える力」はついたと思います。

 

キャリア教育はあったけれど……

201402_M_mama

Mママ

学校で職業体験や将来について考えさせる時間があって、キャリア教育には力が入っていたと思います。でも、よほど自分でしっかりと「○○になりたい」「□□をしたい」というものがなければ、あまり役立たないのかなって感じました。親に、小さい頃からこういう方面に進んでほしいと言い続けられて「洗脳」されていたお子さんはいましたが……。大多数の子は、中高生くらいではなかなか将来は見えていないと思いますね。

 

「学校の順位は真ん中でいい」と本人が決めていました(涙)

201402_S_mama

Sママ

息子は最初から最後まで、6年間見事に学校の成績は真ん中くらいの位置をキープしました。試験前でもあまり勉強せずにその成績を維持できたのは、息子は中学受験で第二志望の学校へ進学したので、学力に余裕があったからでしょう。また、息子の学校の先生は、「ウチの学校はトップ校ではなく、2番手ですから、我々も一生懸命やらないと」とおっしゃって、中学のうちから熱心に漢検や英検の指導をしてくださるなど、とても面倒見が良かったのはありがたかったですね。2番手とはいっても、やはり男子校の難関進学校。周りは目標を高く持ち、しっかり努力する子が多く、その環境もとても良かったです!

 

今月の先輩ママ

Kママ

私立難関男子進学校を卒業して最難関国立大学に進学、現在同大学大学院1年生(長男)と、私立難関女子進学校を卒業した難関私立大学2年生(長女)のママ

Mママ

私立女子進学校を卒業した難関私立大学3年生のママ

Sママ

私立難関男子進学校を卒業した国立大学医学部1年生のママ