進学通信2014年10月号

今月のテーマ
温かい心と広い視野でお母さんと子どもを支える
お父さんの受験生活サポート
(今回は「Papa's Cafe」です)

毎号ママ達のお話をうかがっていますが、今月は先輩パパ達にお集まりいただきました。
父親の立場で、お子さんの中学受験にどんな思いで、どんな関わり方をされたのかを語り合っていただきます。
これからの受験生活終盤戦は家族の団結が必要な時期です。お子さんやママの努力を見守るやさしさが伝わってきます。

【1】中学受験賛成派も消極派も 子どもの意志を尊重して応援

お子さんの中学受験についてはどのようなお考えでしたか?

papa_W_201410

Wパパ

中学受験には反対ではありませんでしたが、特に私立に行かせたいという思いもなかったです。住んでいる地域の小学校では、成績が良ければ私立中学に行くという雰囲気だったので、息子もおそらくまわりの影響で塾に行き出したのだと思います。行ってみると楽しくて成績も伸びたので、調子に乗って受験に挑戦したいと言うようになったようです。息子は決して努力家ではないのですが、塾に行くと勉強するようになるのですね。

 

papa_N_201410

Nパパ

私自身が地方の私立中学に行っていた経験があるので、子どもが受けたいと言えば、大枠で中学受験には賛成でした。上の子は、やはり受験する子が多いという周りの環境から、自分も受けてみようという気持ちになったようです。下の子はスポーツに打ち込んでいたので、強い学校に行きたいという目標があり、受験の動機は兄弟で違いました。

 

papa_K_201410

Kパパ

ウチは夫婦とも公立中高出身なので最初は私学の状況がわからず、受験も考えていませんでした。通っていた公立小学校の授業参観に行くと、子ども達2人とも、他の子に比べてできるところはあるなと感じていました。そこで〝教育ママ〟だった妻が、私立のほうがいいのではないかと言い出し、4年生ごろから受験塾に通うようになりました。ウチは妻もフルタイムで働いていたので、私が積極的に協力して学校説明会などにも行きましたよ。入試本番のときには、職場に事情を話して連続3日間休みをとり、子どもの付き添いに行きました。男女の双子で別の学校を受験するため、どうしても人手が2人必要だったのです。

 

papa_T_201410

Tパパ

ウチも受験熱が高い地域だったのがきっかけですね。一番近い私立中学校を見学してみたら、地元の公立中学校よりも小ぎれいなので子どもは気に入り、上の子は受験することに。そうとなれば、私も応援しようという気持ちになりました。下の子のときは、家計的に2人を私立に行かせるのは大変なので、私はどちらでもいいよと曖昧に言っていたのですが、次男も受験すると言いました。その動機がちょっと不純で、私立中学に入った兄と、公立中学に行った兄の友達の様子を見て、公立のほうが部活の後、塾に行ってたりして大変そうだと思ったようです。次男は野球への思い入れが強く、今がんばって私立に入ったほうが、中学で野球が存分にできると思ったらしいです。結果的に、最初に見学した私立中に2人とも通うことになりました。

 

今月の先輩パパ

Tパパ

私立男子進学校出身で大学3年生の長男と、同じ私立男子進学校高校2年生の次男のパパ。会社員。
「次男の受験では、心配する妻の話を聞くのが自分にできる最大のサポートでした」

Kパパ

私立女子進学校出身の女の子と私立男子進学校出身の男の子、2人とも大学3年生の双子のパパ。2年半前に会社を定年退職。
「共働きのわが家では、夫婦で協力しながら男女の双子の中学受験を支えました」

Nパパ

私立男子進学校出身で大学卒業後就職して2年目の長男と、別の私立男子進学校出身で大学3年生の次男のパパ。会社員。
「兄弟を見ていて、中学受験は一人ひとり違うと感じました。明確な目標がある受験は大賛成」

Wパパ

公立高校出身で、大学3年生の長女と、私立男子進学校出身で大学3年生の長男のパパ。職業はカメラマン。
「子どもとアウトドアで遊ぶのが大好き。中学受験で遊びが一時中断したことが一番寂しかった」